健康に生きるために必要な医療と薬

健康と医療の密接な関係についてお話します

近年、日本において高齢者の医療費負担を増大させて税収を増やし、高齢者の方には病院をむやみに利用しない様に、という呼びかけが行われる様になりました。

 

国民皆健康保険制度のある日本では現在、高齢者の医療費が国の予算を圧迫している事が問題視されています。
この事が原因となって「高齢者の医療費負担を増加させる」動きが活発化しているのです。

 

日本人は確かにアメリカ人や諸外国の国の人達よりも圧倒的に医院や病院を利用する回数が多い事で知られています。
日本人が世界の中でもトップクラスに医院や病院を利用している理由は、国民皆健康保険制度によって個人の医療費負担が少なくて済む制度を日本が有しているからです。

 

この制度におんぶに抱っこしているのが日本国民だ、とも言われ始めています。
この指摘は日本人には大した病気や怪我でもないのに医院や病院を利用する人が多い事を皮肉った指摘なのです。

 

この「日本人が国民皆健康保険制度を気軽に利用し過ぎている事」が問題となっています。
日本国の国民が健康保険を使って医院や病院を利用するシステムは、国民皆健康保険制度を運営する「日本国の予算」によって成り立っています。

 

この日本国の予算を圧迫するな、と政府が国民の必要以上の医院や病院の利用を制限しようとしている構図が現在の日本で繰り広げられている訳なのです。

 

この日本国の政府の方針は確かに医療が必要ではないケースで医院や病院を利用する人達を減らして予算を圧迫する事を防ぐ事が出来るかも知れませんが、この方針は同時に非常に危険な面もはらんでいます。

 

それは日本国の予算の収入源である日本国民の医療を圧迫する事によって、日本人そのものが病気や怪我でも満足に医療が受けられない時代に突入してしまう危険性があるからです。

 

これは大変恐ろしい事で、この様な「政府による国民の医療への圧迫」は将来的に日本がアメリカの様な超高額な医療費負担を個人が行う国に変わってしまう原因ともなり得る危険な方針です。